製品一覧

文字の大きさ [] [] []
ニレコウェブ制御装置
製品情報
トップページ > 製品一覧 > ウェブ制御装置 > カットマチック CT6000
ウェブ制御装置
断裁位置制御
カットマチック CT6000
概要 |  特長 |  構成 |  仕様

カットマチック CT6000

概要

定番の実力!信頼性と操作性が違う新・断裁位置制御装置
カットマチック6000は、小型の食品包装機から、大型のオフセット輪転機まで、あらゆるシータ、フォルダのカット位置制御や表裏合わせ、プリプリントのシータ、重ね印刷などに広く適合するように設計されている断裁位置制御装置です。演算速度の高速化と、ウェブに応じた最適な制御方式(制御A、B、C)を選択することで、性能が大幅に向上いたしました。さらに、入力と表示兼用の液晶タッチパネルを採用することで、パネル部がよりシンプルで、操作性が向上いたしました。

特長

●マークサーチ機能
従来のコントローラで実績のある絵柄の一部をマークとして認識する方式を採用しております。
●操作と表示は液晶タッチパネル
運転に必要な各データの入力と、各種パラメータ、ゲート・マーク波形、偏差表示、およびレピート長などを表示します。 カラー画面を採用することにより、コントローラの動作状況を容易に把握することができます。
●操作性を考えたパネルデザイン
使用頻度の高いモータ操作スイッチは、オペレータが指先の感覚で操作できるよう、従来のシートスイッチを残した、使い勝手の良いデザインです。また、タッチパネルの使用頻度を低減させることにより、長寿命を実現しました。
●演算速度の高速化を実現
シングルチップマイコンを使用して、高速演算処理を行います。(50%UP)
●フェールセーフ回路内蔵
センサからの信号が検知できない、ウェブ速度が低下するなど通常運転が不可能な場合に自動運転を停止し、ヤレを低減させます。
●チェッカ機能内蔵
コントローラは自己チェック機能を備えていますので、故障時にコントローラ単体の動作確認ができます。また、ライン速度とエンコーダパルス数を表示することが可能なため、エンコーダが正常に動作しているかも確認でき、故障個所の特定が容易になりました。
●偏差表示および出力
測定した偏差量(カットズレ量)を、タッチパネルにグラフ表示することで、断裁位置の推移が一目で確認できます。また、アナログ電圧で偏差量の記録をとることが可能です。(±5V DC)

構成

011601a.gif

<構成機器>

011601b.jpg

■光ファイバセンサ
光ファイバセンサは、従来のS/Hからさらに検出能力を向上させ、常に安定したレベルで検出できるよう開発された製品です。このセンサは、光源にハロゲンランプを使用していますので、色温度が高く、演色効果が優れています。薄い色合いのマークも良く検出し、また特殊なウェブからの影響にも強さを発揮します。
ランプも長寿命設計回路により、ランプ寿命を1.7倍(5000時間)に延ばし、使い勝手の良いセンサになっております。




011601c.jpg

■エンコーダ
完全無接触、無接点の光電ユニットで切断機構や、版胴駆動軸に直結して駆動されます。A、B、Z相で管理され、版胴周期や速度を監視します。






011601d.jpg

■コレクションモータ
インラインの場合は、通常最終制御ユニットと、断裁機構の間のウェブの長さを調整するように、コレクションモータでレジスタローラ(またはコンペンセータローラ)を動かします。また断裁機構で修正をおこなうには、コレクションモータでディファレンシャルギヤを作動させます。




011601e.jpg

■スキャニングヘッド
スキャニングヘッドには、シリコンフォトダイオード、ランプ、レンズ系および増幅器が内蔵されています。スキャニングヘッドの信号は、コントローラ内部でマイクロプロセッサによる高速自動信号処理がおこなわれており、スキャニングヘッド窓のインキや紙粉などによるある程度のくもり、あるいは印刷マークの濃度が少し変化した場合でも適応できるようになっています。




011601f.jpg

■ジャンクションボックス
スキャニングヘッドと、コントローラを中継する端子箱です。スキャニングヘッドのランプドライブ回路と、マークキャッチ確認用ランプが付いています。 ※光ファイバには不要



<応用例>

011601g.gif

カットマチック6000を フォーム印刷機に装着した場合



011601h.gif

カットマチック6000を シール印刷機に装着した場合





ラインスピード 10~1000m/min
シリンダスピード 10~2000rpm
シリンダサイズ 100~2500mm
検出精度 ±0.01mm
制御速度 2mm/s(紙パス上で)
制御動作 制御A方式、制御B方式、制御C方式
修正回数設定 1~32回
表示レンジ 0.01~0.99mm可変
アラーム設定 0.01~0.99mm可変