製品一覧

文字の大きさ [] [] []
ニレコウェブ制御装置
製品情報
ウェブ制御装置
張力制御装置
MBテンションセンサ

MBテンションセンサ

概要

MBテンションセンサは、テンションコントロール装置またはテンションメータに使用するために設計された張力検出器です。
紙、フィルム、セロファン、箔、ゴムなど、ウェブの巻取り・巻戻しをする場合、巻径の変化にともないウェブの張力も変化します。この張力制御をおこたると、シワ寄り・たわみ・厚さの変化などを引き起こし、最悪の場合はウェブの切断にいたります。また、印刷工程では張力変動によるウェブの伸び・縮みは、印刷ズレを起こす原因となります。
これら変動するウェブの張力を検出するのがテンションセンサの機能です。

特長

■実績と信頼のMBテンションセンサ
軸受のような機械的接触がなく、しかも差動変圧器による非接触検出方法なので、ヒステリシスが少なく応答性も優れています。また、外形が小型化されているため、設置スペースが小さくてすみます。

■据付の容易なMBテンションセンサ
MB05、11、25はどのような据付角度でも可能です。

■センサの種類が豊富です
低テンション用(50Nフルスケール)から高テンション用(10000Nフルスケール)まで揃えています。

■過負荷に耐えるMBテンションセンサ
瞬時の過負荷に耐える堅牢な構造になっています。

■本質安全防爆構造が可能です。
ばね支点と支点差動トランスがテンションセンサの性能を左右します。精度あるテンション値の把握に向け、ばね支点の加工は削り出しで行い、材質もばね性(ヒステリシス・強度)に優れた素材を採用するとともに、応力には十分低い抵抗となるように設計されています。また、差動トランスは高い発振周波数を採用しているため、温度特性等にも優れた特性を誇っています。

●据付角度を選ばない据付容易なMBセンサ。

●定格テンションの20~100倍の瞬時過負荷に耐える構造。

MBテンションセンサ構造図

011306a.gif


MBテンションセンサ
型式MB05BMB05AMB11BMB11AMB25BMB25AMB33BMB33AMB41
定格テンション (N) (50)100 200 (50)100 200 500 1000 (2000)
3000
5000 10000
ロール変位(μm/N) 2.38 1.19 2.63 1.30 0.44 0.22 0.071 0.045 0.023
許容ロール質量(kg) 10 20 10 20 50 100 300 350 700
許容過負荷   (N) 定数の10倍
本体質量    (kg) 1.5 0.8 3.4 16.1 24
テンション合力方向 正・逆可 正のみ(逆は不可)
取付角 360°任意
供給電圧 DC+6V
使用周囲温度 -10~+60℃
適用軸受け -
1.定格テンションと許容ロール質量は、両側検出の場合の数値を示します。単体検出の場合は、上記値の1/2になります。
2.アンプ接続用にコネクタ付ケーブル(5m)が付属されています。
3.MB05、MB11、MB25はブラケットを使用する事により壁取付ができます。壁取付ブラケット付きの場合、型式の末尾に-Wが付きます。例:MB11B-W
4.本質安全防爆構造のセンサもあります。 型式の末尾にSが付きます。例:MB11BS





0103btn_tensyon.jpg