製品一覧

文字の大きさ [] [] []
ニレコウェブ制御装置
製品情報
ウェブ制御装置
張力制御装置
MJテンションセンサ

MJテンションセンサ

概要

MJテンションセンサは、高機能プラスチックフィルムの生産に最適な高性能テンションセンサです。
薄型テレビ、二次電池、薄くて軽い太陽電池、更に次世代の照明と期待される有機EL照明などの次代を担う産業に使用される高機能プラスチックフィルムの張力制御に欠かせないセンサです。

特長

安定性と堅牢性をアップした、MCタイプの後継器製品です。

●高いばね剛性を持つため共振点が高く、高速ラインに最適です。
●荷重による変位量が極めて少ないため、薄いウェブ(フィルムや箔など)のラインで有効です。
●ステンレスタイプは保護構造IP66規格なので、製造ライン洗浄時にセンサが水に濡れても大丈夫です。
●モノブロック構造の採用により、直線性、ヒステリシスが優れています。
●堅牢性を高めつつ、小型化を実現。

MJテンションセンサ設置例

011303a.jpg


型式MJ050MJ200MJ500MJ1000
図面番号 MD0000320 MD0000330 MD0000340 MD0000350
※1定格テンション(N) 50 200 500 1000
※1,4許容ロール荷重(N) 200 200 500 1000
※1,4許容過負荷
[定格荷重の10倍](N)
700 2000 5000 10000
ロール変位(μm/N) 0.36 0.12 0.05 0.03
※2共振周波数(Hz) 105.0 143.8 140.9 128.6
周波数応答(Hz) 300
※3本体質量(kg) 1.0 1.8
テンション合力方向 正逆可
取付角 360°任意
供給電圧 ±15VDC ±1V (+15V/50mA,-15V/10mA)
使用周囲温度・湿度 0~+50℃、35~85%RH 結露無きこと
※1.定格テンション、許容ロール荷重、許容過負荷は、両側検出の場合の数値を示します。
   単体全検出の場合は、上記値の1/2になります。
※2.共振周波数は両側検出時のテンションおよびロール荷重最大での数値です。
※3.周波数応答は、定格テンションの1/10の変化に対する数値です。
※4. MJ050は許容ロール荷重≠定格テンション(両側荷重)ではなく、200Nとなります。
   その為、許容過負荷=定格テンション×10+許容ロール荷重になります。



0103btn_tensyon.jpg