文字の大きさ [] [] []
ニレコウェブ制御装置
製品情報
トップページ > 製品一覧 > ウェブ制御装置 レーザ型EPCセンサ
SLH20B
ウェブ制御装置
耳端位置制御装置(センサ)
レーザ型EPCセンサ
SLH20B

レーザ型EPCセンサ<br>SLH20B

概要

レーザ型EPCセンサSLH20Bは、より多くの材質に対応するために開発されたEPCセンサです。
●検出対象を選びません。
今まで検出が困難だった材質のウェブ(タイヤコード、網、不織布など)の検出が可能になりました。
●パスライン変動にも対応
パスライン変動によるウェブのシフトはもう起こりません。
●精度・応答性
検出幅・投受光の間隔が広くCCDリニアセンサを採用していますので、精度・応答性が高く±1%未満の直線性も実現しました。

特長

紙オムツ、ベルト、布、スダレ網等のスキマのある測定物、紙、アルミ箔、不透明フィルム等のウェブの検出。

検出幅と直線性

010207a.gif




投受光間隔 50mm
検出視野 28mm
光源 赤色半導体レーザ
光源波長 670nm単波長レーザ(可視光)
IEC60825-1 に基づきクラス1に分類されます
検出感度 -
直線性 28mm 視野にて1% 未満
走査時間 1msec
センサアナログ出力 電圧出力0~5V(MAX20mA)
アラーム出力 オープンコレクタ出力(最大35V 20mA)
分解能 7 μ m
検出素子 CCD リニアセンサ
供給電源電圧 +15VDC(0.2A) / -15VDC(0.1A)
使用周囲湿度 35 ~ 85%RH(結露しないこと)
使用周囲温度 0 ~ +50℃
本体材質 アルミニウム合金
質量 0.65kg(センサヘッド)