文字の大きさ [] [] []
ニレコプロセス制御装置(鉄鋼)
トップページ > 製品一覧 > プロセス制御装置 モジュラーストリップガイドシステムコントローラ MGC1000
プロセス制御装置
耳端位置制御装置
モジュラーストリップガイドシステムコントローラ MGC1000
概要 |  特長 |  仕様 | 

モジュラーストリップガイドシステムコントローラ MGC1000

概要

高い応答性と精度を実現する、きめ細かいPID制御が可能


装置を構成する要素を通信ケーブルで接続することで必要に応じたシステムを柔軟に構成することが可能なEPC・CPC制御コントローラです。

特長

● コントローラを構成する基盤が機能ごとにモジュール化されており、通信線で接続することで最適なシステム構
 成が可能。また、緊急時の基盤交換や仕様変更による機能向上が容易です。
● 外部からの指令により、最大でEPC1~8、CPC1~4、カスケードEPC1~4、カスケードCPC1~2の制御を
 切り換えることができます。
● 2本のシリンダを同時に駆動してCPC制御を行うことができます。(炉内CPC)
● P、I、PI、PD、PIDによる制御が可能です。
● 偏差量によって出力ゲインを変更する非線形出力や、ライン速度によって出力ゲインを変更する速度ゲイン出力
 機能が使用できます。
● PLG信号を入力することで、スタッガ巻き機能やトラッキング出力機能が使用可能です。(併用可能)
● 外部からの指令によって制御位置シフトやセンタリング位置シフトが可能です。
 (カスケード制御時はセンタリング位置シフトが使用できません。)
● スリーブ合わせ機能を使用することができます。(カスケード制御時は使用できません。)
● プロフィバスなどのフィールドバスインターフェースが可能です。
● インターフェース信号は、アナログ信号、フィールドバス信号共にパラメータにて入出力場所を設定することが
 できます。
● 1台のコントローラで最大4式のステアリングを制御することができます。
● データロギングを行うことができます。

仕様

電源電圧 DC24V
消費電力 各基板毎に表記
周囲温度範囲 0~+40℃
周囲湿度範囲 35%~85%RH以下(結露しないこと)
入出力

構成する基板の仕様による(カッコ内はオプション)
・コントロール基板 : RS232C、RS422
(・フィールドバス基板 : PROFIBUS)
(・PLG入力基板 : オープンコレクタ、電圧、ラインドライバ)
・デジタルI/O基板 : フォトカプラ入力16点、接点出力16点
・制御出力・位置入力基板1 : 制御出力、電磁弁駆動出力、位置発信器入力、  

 フィルタ目詰まり警報用接点入力1点
・制御出力・位置入力基板2 : 制御出力、位置発信器入力
・アナログ出力基板 : 電圧出力2
・アナログ入出力基板 : 入力1、出力1(アイソレータ入出力)
・CAN基板 : CANポート1、RSS232Cポート1
・アナログセンサ入力基板 : センサ入力4、センサ警報接点入力8点