文字の大きさ [] [] []
ニレコプロセス制御装置(鉄鋼)
トップページ > 製品一覧 > プロセス制御装置 ジェットマーカ
Jet Marker
プロセス制御装置
マーキング装置
ジェットマーカ
Jet Marker
概要 |  特長 |  構造 |  仕様

ジェットマーカ<br>Jet Marker

概要

ノズルをX-Yステージにより文字形状に合わせて移動させながら一定距離移動するたびにノズルを開閉し、塗料を吐出することによりマーキングをおこなう方式です。したがって吐出するタイミングを密にすると連続した線文字となり、粗にするとドット文字になります。

特長

●1個のノズルをX-Y移動させて文字を形状するため任意のサイズ、任意のパターンの文字、マークを印字できます。
●文字形状の設定、変更はモニタ画面からおこなうことができるため自動読み取り装置で読み取る場合、類似形状文字に対して特徴を持たせることができます。
●小型の文字のマークができます。(20mm(H)×15mm(W))
●アトマイズ方式のノズルを使用しているため熱間材に対しても塗料消費量は他の方式に比べ少量です。
●対象材は温度情報により塗料吐出量をコントロールし、一定太さの文字をマークすることができます。
●ノズル詰まりには十分な対策をしてあります。

構造

050102a.jpg

標準ステージA型 X軸600mm × Y軸150mm
B型 X軸500mm x Y軸150mm
C型 X軸400mm x Y軸150mm
D型 X軸300mm x Y軸150mm
文字サイズ 文字高さ20mm以上の任意のサイズ
マーキング速度 0.7秒/文字 (ただしH=30mm, P=30mm)
文字太さ 3~10mm
ノズル距離 30mm±5mm
被マーキング材温度 常温~1100℃
塗料 インキまたは水性ペイント
タンク容量 15 L (標準)
50 L (熱間)
データ設定方式 マニュアル設定および自動リンケージ設定
電源 A200/220Vまたは400/440 V AC 50/60 Hz
空気源 400 kPa以上
洗浄水 100~200kPa