文字の大きさ [] [] []
ガス分析・監視モニタリング装置
製品情報
ガス分析・監視モニタリング装置
オープンパス型
オープンパス型 ガスアナライザ
概要 |  製品構成一覧 |    

オープンパス型 ガスアナライザ

概要

LasIR TM フェンスラインガスモニタリングアナライザ

Unisearch LasIRTM ガス分析器は、環境規制とプロセス利用の両方の監視のために煙突ガスを測定する目的で設計された連続モニタです。

システムは、オープンパス型測定ユニット(テレスコーブ型)、リフレクタ、中央コントローラ本体から構成されます。

テレスコープからリフレクタ間の距離(10-500m)間を通過するガスの連続モニタリングが可能で、センサと中央コントローラ本体は光ファイバケーブルで接続します。

マルチチャンネルアナライザ本体を使用する事で、複数のテレスコープを一台の中央コントローラでモニタリングする事が可能です。

製品構成一覧

■LasIRTM測定ユニット

060601-1.jpg

Unisearch LasIRTMガスアナライザは、オープンパスで設置されリフレクタ間を通過するガスを連続的に測定するように設計されました。

計測可能な最長パスは 500mで、ポータブル設置またはフェンスライン設置で使用する事が可能です。

■レトロリフレクタ

060601-2.jpg

アクリル窓付きのNEMA筐体内に設置された高精度のレトロエレメント。

晴天で1000メートル以上の測定に適しています。

1つのエンクロージャーに最大45個の要素を収容できます。

特定のアプリケーションの要素の数は、パスの長さ、パスの不透明度、および発射望遠鏡取り付けプラットフォームの安定性に依存します。

示されている図は、19の要素を持つNEMAエンクロージャーを示しています。

■LasIRTMアナライザ(中央コントローラ本体)

060601-3.jpg

コントローラは、比類のない精度と性能を実現するために、熱電冷却器に取り付けられたシングルモードレーザを利用する近赤外(NIR)調整可能ダイオードレーザ吸収分光計システムを使用します。

レーザのスペクトル純度が高く、選択された吸収機能が独特であるため、他のガスからの干渉なしで測定を行うことができます。

Windowsベースのソフトウェアパッケージは、ホストラップトップPCまたはクライアントの既存のデータ取得システムのいずれかにデータを表示します。


■DOASガスアナライザ(中央コントローラ本体)

060601-4.jpg

DOAS*3 差分光吸収分光法は、ガス媒体を通過した後、対象の波長領域で着信信号の微分吸収を測定する原理に基づいています。

広帯域光源を使用し、測定は広い波長範囲にわたって行われます。

FTIRやNDIRなど、非常に狭い波長範囲を使用するTDLとは異なります。

一般に、いくつかのガスの吸収特性の重なりが観察され、これには複数の回帰分析方法を使用する必要があります。

ガスの濃度は吸収信号と保存されている参照信号を比較することで計算されます。

ブロードバンド測定技術と同様に、他のガスからの干渉を考慮し測定の精度を向上させるために補正する必要があります。

これには最終的な測定を行う前に、ガス組成の事前知識が必要となります。

*3.Differential Optical Absorption Spectroscopy