文字の大きさ [] [] []
ガス分析・監視モニタリング装置
製品情報
トップページ > 製品一覧 > クロススタック/ダクト設置型 ガスアナライザ
クロススタック/ダクト設置型
クロススタック/ダクト設置型
クロススタック/ダクト設置型 ガスアナライザ
概要 |  製品構成一覧 |    

クロススタック/ダクト設置型 ガスアナライザ

概要

クロススタック/ダクト設置型 アナライザはダクト設置型計測ユニット(トランスミッタとレシーバ)と中央コントローラから構成されます。

ダクト内径、1-15m に対応し、ダクトから中央コントローラまでは 1-500m間で接続可能です。

光信号が微小の場合必要に応じて増幅されるこの信号は、同軸ケーブルを介して中央コントローラに送信されるか、または光信号に変換されて光ファイバケーブルを介して中央コントローラに戻されます。

後者の構成は、電気的にノイズの多い環境や、測定場所が分析装置から200〜300mを超える場所で使用されます。

製品構成一覧

■ダクト設置型 計測ユニット

060602-1.jpg

現場測定用に設計されたこれらの測定ユニットは、シングルパス、デュアルパス、マルチパスの測定状況を作成するトランスミッタとレシーバで構成されています。

適用される構成は、測定条件と感度の要件によって異なります。

送信機にはレンズと光ファイバケーブルの接続が含まれ、レシーバには、レンズ、プリアンプ付き検出器、および光リターン信号用のドライバ電子回路が含まれています。

レーザ光は、トランスミッタの光ファイバからトランスミッタレンズで集光され測定ボリュームを通過します。

受信機のレンズは入ってくるレーザ光を検出器に集束させ、そこで電気信号に変換します。


■LasIRTMガスアナライザ本体

060602-2.jpg

Unisearch LasIRTMガス分析器は、環境規制とプロセス利用の両方の監視のために煙突ガスを測定するように設計された連続モニタです。

コントローラは、比類のない精度と性能を実現するために、熱電冷却器に取り付けられたシングルモードレーザを利用する近赤外(NIR)調整可能ダイオードレーザ吸収分光計システムを使用します。

レーザのスペクトル純度が高く、選択された吸収機能が独特であるため、他のガスからの干渉なしで測定を行うことができます。

Windowsベースのソフトウェアパッケージは、ホストラップトップPCまたはクライアントの既存のデータ取得システムのいずれかにデータを表示します。


■DOAS ガスアナライザ(中央コントローラ本体)

060602-3.jpg

DOAS*3差分光吸収分光法は、ガス媒体を通過した後、対象の波長領域で着信信号の微分吸収を測定する原理に基づいています。

広帯域光源を使用し、測定は広い波長範囲にわたって行われます。

FTIRやNDIR等、非常に狭い波長範囲を使用するTDLとは異なります。

一般に、いくつかのガスの吸収特性の重なりが観察され、これには複数の回帰分析方法を使用する必要があります。

ガスの濃度は吸収信号と保存されている参照信号を比較することで計算されます。

ブロードバンド測定技術と同様に、他のガスからの干渉を考慮し測定の精度を向上させるために補正する必要があります。

これには最終的な測定を行う前に、ガス組成の事前知識が必要となります。

*3.Differential Optical Absorption Spectroscopy