FAQ

文字の大きさ [] [] []
会社情報

FAQ

会社に関して

社名の由来は?
1950(昭和25)年に設立した当時は、日本レギュレーター株式会社という社名でした。1983(昭和58)年、業務内容が鉄鋼から印刷、フィルムなどへと幅広くなり、“レギュレーター”の呼称が実態と一致しなくなっていたことから、日本レギュレーター株式会社(Nihon Regulator Company)の頭文字をとって“ニレコ”という社名に改めました。

設立経緯は?
当社の歩みをさかのぼると、1931(昭和6)年、Askania Werke A.G. (ドイツ)により設立されたアスカニア合資会社にたどりつきます。1936(昭和11)年、同社が、改組と同時に取り組んだのが、当時輸入していた油圧噴射管式自動制御装置の国産化でした。戦後の1950(昭和25)年、当時の鉄鋼メーカーや重化学メーカーがそれぞれ資本を拠出して、アスカニア合資会社の技術者たちを集めて、日本レギュレーター株式会社(現在のニレコ)が設立されました。
グループ会社との関わりは?
当グループは当社を中心とした体制をとっています。製品の生産は主に国内連結子会社のミヨタ精密株式会社で行っています。 また、海外連結子会社である尼利可自動控制机器有限公司(中国)および仁力克股分有限公司(台湾)は、一部製品を生産し、周辺諸国への販売を担っております。
また、2014年11月より、韓国にプロセス事業、製品の販売・サービスを手がける Nireco Process Korea Co.,Ltd を設立しました。

組織の特徴は?
幅広い対象市場に対し、それぞれの事業特性に応じて迅速な対応を図るため、事業別と機能別を組み合わせたハイブリッド型の組織体系を採用しております。他事業と対象市場が異なるプロセス事業においては、プロセス事業部傘下に営業部、技術部、サービス部を配し、対象市場の親和性が高いウェブ事業と検査機事業においては、機能別に営業部門、技術部門、開発部門に組織を集約、それぞれ効率的な事業運営を行っております。そして、管理部門及び生産管理部がハイブリッド型組織運営全体を統括しております。

財務の方針は?
当社は様々な生産ラインに応じた仕様の製品を納入しています。設置するラインの規模、環境、契約条件によって差はありますが、資金回収までのリードタイムが比較的長い取引が多いことから、現預金を中心とした流動資産を一定水準確保しております。



株式に関して

株式の基本情報は?
詳細はこちら

配当方針は?
継続的かつ安定的な利益還元を基本方針として、連結業績に対して配当性向35%を目標値と定めております。

株主優待制度は?
実施しておりません。



事業について

プロセス事業について
詳細はこちら

ウェブ事業について
詳細はこちら

検査機事業について
詳細はこちら



その他

IR問い合わせ先は?
詳細はこちら

決算説明会での質問内容は?
詳細はこちら



お問い合わせ・サポート